良い探偵事務所と悪徳業者の見分け方

インターネットなどで検索してみると、探偵事務所は結構たくさんあるのだと分かります。
信用のおける探偵事務所もたくさんあるとは思いますが、中には詐欺まがいの悪徳業者も紛れている場合があります。
良い探偵事務所と悪徳業者とはどこで見分けたら良いかまとめてみました。

 

探偵業法の届け出が出されていない

探偵社は探偵業を行うにあたって管轄の警察署に届け出を出さなければなりません。
これが出されていない探偵社は、ほぼ悪徳業者だと思って間違いありません。
見分け方としては、ホームページ上に届け出番号が掲載されている場合がほとんどなので、ここを確認しましょう。
また、見やすい位置に「探偵業届出証明書」を掲示することが義務付けられているので、事務所を訪ねた際には証明書が掲示してあるかどうかも確認しましょう。

 

会社所在地が不明

ホームページ上に探偵事務所の所在地や会社概要が記載されていない場合は要注意です。
この場合はレンタルオフィスや転送電話を使って実績を隠したり、会社自体が存在していない場合があります。

 

サイトや広告のキャッチフレーズが大袈裟

全国調査力NO.1とか、調査成功率100%などのキャッチコピーは鵜呑みにしない方が良いでしょう。
探偵業の横の繋がりはあったとしても、調査力は周りの評判でしか分かりません。
悪徳業者ではないにしても、信用しすぎてはいけません。

 

面談場所を事務所の外で行う

外で面談すると必ず怪しいというわけではありません。
事務所に来るのをやたらと頑なに拒んだりするのは、ホームページ上の住所がデタラメであるか会社規模が小さいのを隠そうとしている場合があります。

 

契約書を交わさない

探偵業の届け出と同じで、契約書を交わすということが義務付けられています。
契約を行う時に契約書が出てこない探偵事務所は要注意です。
契約書には支払う料金やキャンセルのことなど、重要な事項が記載されているので、しっかりと確認することが大切です。